2018年5月28日

スキンについて

最小化

サイトのデザインのテンプレートのことをDotNetNukeではスキン(つまり皮の意)と呼びます。

DotNetNukeでは、サイトの中身であるコンテンツと、見た目であるデザインが分離されています。この仕組みのおかげで、同じコンテンツに違うスキンをかぶせることで、瞬時に全く違った雰囲気のサイトに模様替えすることもできます。(例:イベントの前後で特設サイトに模様替えしたり季節によって雰囲気を変えたりなど)

このように、DotNetNukeでは、あらかじめスキンとして、デザインを登録しておき、登録スキンの中から気に入ったものを選んでかぶせる、というスタイルでサイトを構築します。

もちろん、そういったレディメイド(既成)のデザインではなく、オリジナルスキンの作成もできます。日本ではまだまだ少ないですが、海外ではDotNetNuke用のスキンもたくさん販売されており、それらを使えば、よりデザイン性に優れたサイトも構築が可能です。

スキンギャラリーのページでは、VACCO HOSTING SERVICEが契約者様に提供する、レディメイドスキンの数々をご紹介しております。同じような構成のページにいろいろなスキンを適用していますので、どう雰囲気が変わるか確認してみてください。

また、モジュール解説のページにある写真集では、スキンギャラリーとしてより分かりやすいスライドショーなども用意しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。