PCサイトとモバイルサイトが混在する環境では、メニューなどのサイトナビゲーションにDotNetNukeの通常のスキンオブジェクトは使えません。このため、手作業でメニューなどを作成・修正するのがベーシックな方法であると言えます。しかし、この方式ではモバイルコンテンツはPCサイトと連動しないことになり、CMSの恩恵にあずかることができません。楽をしたいというのがCMSのそもそもの思想なのですからそのあたりも自動的にやって欲しいと思うのが人情というものです。

このページにあるメニューらしきものは、当社が独自に作成した(作業中)モジュールで、「Mobile Menu Ver1.0.0」です。モバイルとPCサイトが混在する場合のモバイル用のナビゲーションを自動生成するモジュールであり、PCサイト内にモバイル用のページを一つ用意し、別に紹介するモバイルスキン(混在用)と一緒にこのモジュールを配置すると、それだけで簡易タイプのモバイルサイトが出来上がります。

仕組みとしては単純でメニューのようなものですが、メニューが各ページへジャンプするのに対し、このモジュールでは対象となるページをパラメータにセットした上で自分自身のページにジャンプします。モジュールは対象ページを受け取ると、そのページと下位のページを解析し、下位ページはメニューとして、ページ内モジュールはコンテンツリストとしてタイトルのみを列挙します。下位ページに対しては同じことを繰り返しますが、ページ内モジュールについては、タイトルをクリックすると、DotNetNukeの機能であるモジュール印刷用の個別ページを開きます(スキンのみモバイル用と同じものを使用)。つまりここから先はMobile Menuは関与しません。

このように、あくまで簡易的な表示画面を提供するものです。それに、このモジュールには文字コード変更機能も入っていますが、印刷画面はPCサイトの一部なわけですからUTF-8のままということになります。つまり現状ではUTF-8に対応していない端末(主にau)に対しては単なるメニュー表示のみということになります。また、リンクやText/Htmlモジュールくらいであればほぼ表示できるでしょうが、Forumなど複雑なレイアウトのモジュール等は見れないものもあるでしょう。と、まだまだ課題は多いですが、モバイル用のページを作らなくてもPC用のページを変換して表示してくれるので楽ですし、とにかくメニューだけでも見たいとか、一部端末は除外してでも簡易的に読めるようにしたいという場合にはよいのではないかと思います。

なお、DoCoMoではMIMEタイプをapplication/xhtml xmlに設定しないとXHTMLとして認識しないため、このモジュールではDoCoMoの場合にのみMIMEタイプの変更を行う機能を入れています。また、文字コードはauの場合にのみShift-JISにする等、Code Chengerよりもさらに細かな制御を行っています。

印刷画面ではモバイルで表示できないモジュールについては、個別にモバイル用のモジュールを作るか、印刷画面を修正するなどして対応しないといけません。そこまでやれば、文字コードの問題も解決できます。これらは今後の検討課題です。

【注意事項】

  • PCサイトとの交差リンクはありませんのでPCサイトに戻りたい場合はブラウザの戻るボタンを使用してください。
  • 印刷画面が文字化けする場合、UTF-8のままになっているのが原因です。実際に利用する際にはCodeChanger等で文字コードを変える必要があります。
  • ロゴの表示エラーは本サイトがスキンサンプル表示用にロゴを載せていないためです。